インナードライ チェック方法

簡単にできるインナードライのチェック方法

インナードライはお肌の中の乾燥という状態なので、自分ではなかなか気付づきにくいことが多いものです。

 

でも綺麗な肌を維持するには「もしかしてそうかも?」と疑う段階から、出来る限り早いうちに正しい対策を行う必要があります。

 

何かあってからではなく早めのケアが重要なんですね。

 

化粧水を通販する前にまずは自分でチェックしてインナードライ肌なのかどうかを判断するところから始めてみましょう。

 

判断の仕方といっても簡単なのでぜひやってみて下さい。

 

洗顔後に行うチェックの方法

チェックする方法としてはまず洗顔をした後に顔を拭いて15〜20分程度置きます。

 

これは入浴時でもメイクを落とした後でも構いません。

 

その後のお肌の状態を手で触れて確認してみて下さい。

 

あなたのお肌はどのような感じでしょうか。

 

「全体的にカサつかず、つっぱらず」と言う方は特に心配いりません。

 

・カサつきとつっぱり感をどちらも感じる。
・それと同時にテカりも出てしまう

 

この2つにあてはまる方などはこれからの対策が大切です。

 

上記に述べたうちテカりを感じない方は今は大丈夫ですが、これから症状が出る可能性も普通肌よりも高い状態。

 

そうなる前に未然のケアが大事になってきます。

 

それから既にテカりを感じる方はインナードライの可能性が高いです。

 

でも「今さら対策しても」などと諦めてはいけません。

 

そうはいってもいつもの化粧水で手当たり保湿をしてしまっても、余計に皮脂分泌やお肌の乾燥を促進してしまいかねません。

 

上記のチェックの方法で「自分はそうかもしれない」と思った方は、私も使っているファンケルアクティブコンディショニングなどのようにインナードライの事を考えて作られた化粧水などを使いながら、正しい方法で行うことで肌の状態を改善することが出来る近道になってくれますよ。

 

インナードライ肌の化粧水|おすすめランキングまとめました!

 

 

 

 

 

 

page top