インナードライ 原因

インナードライの原因を知って正しいケアをしよう

女性の肌ドラブルの一つでもあるインナードライ肌。

 

幅広い年代の方が悩んでいるかと思いますが、特に10代後半からこの肌質に悩まされる女性も多いとされています。

 

改善するためにもまずは原因を知っているかそうでないかでは対策法や肌にも大きな違いをもたらします。

 

最大の原因はズバリ「乾燥」です

 

私たち人間の仕組みというのは非常に賢く作られていて、乾燥すると肌の中にある水分をなくさなさいよう(蒸発させないよう)に働く機能を持っており、肌の表側に皮脂をいっぱい分泌して皮脂のバリアを作るのです。

 

体を守るためにはとても大事な機能なのですが、実はこれがインナードライになってしまう大きな原因になりかねないのです。

 

なぜならこの機能を知らない多くの女性は上記の症状が出る事によって、肌の表面が「テカっている」「ベタついている」と感じてしまうのです。

 

するとそのテカリやベタつきを取ろうと洗顔も必要以上にしたりするだけでなく、スキンケアも保湿よりも拭き取りタイプなどの化粧水でサっと終了させてしまうケースが多いのです。

 

「乳液やクリームをすると、さらに顔がベタベタするからしない!」と言って保湿をしなかったり、適正の量よりも随分少ない量しか塗布しなかったり。

 

この間違ったスキンケア法をしてしまう事で肌の乾燥度合いも増してしまい、こちらのページでも説明している症状のように外側はテカりやベタつきが発生して内側は乾燥してしまうのです。

 

この負のサイクルにはまってしまうと、そこからさらに毛穴の開きやシワ、くすみなどの肌トラブルを抱えてしまいます。

 

原因から根本的に改善するために私が重要視しているのがやっぱり保湿なんです。

 

それもきちんと潤いを逃さない保水という言葉を意識しています。

 

私も油分が気になっていたので基礎化粧品はベタベタしないでしっとり感もあるのを選びました。

 

それによって症状をケアしている途中でもベタつきも気になりにくく対策ができましたよ。

 

インナードライ肌の化粧水|おすすめランキングまとめました!

 

 

 

 

page top